So-net無料ブログ作成

Mini−1グランプリ2009 [授業づくりネットワーク2009in東京]

開催要項・申込はこちら

■8月11日(火)
15:30〜17:30 Mini−1グランプリ2009
「第3回全国大会〜授業づくりプロへの登竜門〜」

 「授業づくりは学級づくり」だと言われます。授業をするなかで子ども同士を結びつけ、学級集団を創り上げるということです。しかし、この図式を、実感を持って理解するのはなかなか難しいのではないでしょうか? そこで今年は授業時間を「5分」から「7分」に広げることで、学級づくり的な側面もより見えやすいスタイルに変えてみました。よりグレードアップしたMini−1王者は一体誰か? 乞う! ご期待!

 進行:土作彰(奈良・広陵町立広陵西小学校)
 「『学級づくり』改革セミナー」を主宰し、新しい学級経営の戦略論を日本全国に発信中。2年前に始まった「Mini−1グランプリ」の第1回第2回を企画。ブログ「日本教育ミニネタ研究会」。著書『教室に笑顔があふれる学級づくりミニネタ&コツ101』(学事出版)『若手教師のための力量アップ術 仲間をつくり、学び合う』(日本標準)

■開催日時
 2009年8月11日(火) 15:30〜17:30

■会場
 成蹊大学4号館(東京都武蔵野市)

■ルール
 1.予選を行い、審査の結果3人が決勝へ進出する。審査は審査員による得点方式。同点の場合は教職年数が少ない方を勝利とする。
 2.子ども役20名を募る。この子どもたちに対する模擬授業形式とする。
 3.授業時間は予選・決勝ともに7分。1〜3位を決し、表彰状とトロフィーを授与する。
 4.審査員は「授業づくりネットワーク2009in東京」実行委員会で選出する。

■参加資格
 1.教職10年目までの教師。
 2.エントリーは最大10名とする。
 3.「授業づくりネットワーク」各青年塾は最高2名までの推薦枠を持つ。
 4.一般エントリーは先着順3名まで受け付ける。主義・信条・所属は一切不問。一般エントリーがある場合は青年塾枠を減らす。
  ※7月29日までにエントリー受付担当の土作(tuttyan@kcn.jp)まで連絡し、エントリーを完了する。

■審査員
  上條晴夫(「授業づくりネットワーク」理事長)
  鈴木宣昭(『授業づくりネットワーク』編集長)
  ゲスト

 *さらに詳しい内容はこちら

開催要項・申込はこちら
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:学校

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。